小さな幸せを見つけて~貯蓄0からの再出発~

贅沢しなくても、毎日が幸せと思えるように♪ お得な情報・懸賞・頑張りすぎない節約などでhappyな毎日を目指します。

*

我が家の転機①

      2019/08/27


更新できずにいました・・・

言い訳ではないですが、昨年末からいろいろなことがありました。

 

次女の受験

昨年、高校3年生だった次女は受験生でした。

が、次女の所属する部活は、いわゆるブラック部活・・・

毎日の朝練、放課後練習はもちろんのこと、土日も1日練習です。

3年生でも、春や夏に引退する学校、部活が多い中、次女の部活は冬の大会が終わってからの引退でとても遅いです(^^;)

(まぁ、商業高校ということもありますが・・・)

 

進学クラスで進学希望の次女には、3年生になってからとくに、部活との両立が大変だったと思います。

次女は、行きたい国立の大学が決まっていて、ほかの大学は全くと言っていいくらい興味がありませんでした。

その大学のオープンキャンパスと部活の大会が重なって、オープンキャンパスに参加できず、後日、私も同伴で大学の見学だけさせてもらったり・・・

と、受験に集中するということもままならず(´;ω;`)

私の方が、不安を抱えていたかも知れません。

 

次女から学んだこと!

そんな中で、運よく学校の推薦枠をいただくことができ、志望する大学を受験できることになりました。

しかし、合格する保障はないので、親としては心配です。

そこで、万が一のときの為に、地元の私立大学の公募制推薦を2つ受けさせることにしました。そして、そのうちの1校に入学金を納めるという安全策をとりました。

第一志望の大学の合格発表前に、納付締め切り日が設定されているので、受験料に加えて、さらに入学金という大金・・・痛いですが💦納めました。

受験もそうでしたが、入学金を納めるときまで、次女が「第一志望受かるから、お金もったいない!」とさんざん言っていて、

私は、「なに?その根拠のない自信は・・・どこから来る?」と不思議でしょうがなかったのを覚えています・・・

 

結果、次女の公言通り、無事に第一志望に合格することができました。

正直、受験中も活動があったハードな部活でよく合格できたな・・・と思いました。

部活の顧問にも、遠回しに「志望校のランクを落としたら?」と言われ、(商業高校なので就職が大半です)それでも、最後まで部活も続け、受験もあきらめなかった次女!

親バカですが、すごいと思いました。

 

運もあったと思いますが、

「この大学に入りたい!」という強い気持ち。

そして、

周りに流されず、決してあきらめなかったこと。

これが、良い結果につながったのではないかと思います。

 

そして、「何で受験の時にも部活があるの・・・」(受験の前の日も部活だったり・・・)と、私でさえ愚痴りたくなった部活でしたが、3年間部活動をやり抜いたことで身に付いた忍耐力や礼儀など・・・

逆に、ハードだった部活があったからこそ、合格できたのかも知れません。

 

そして、パワーをもらいました!

次女の、「こうしたい!こうするんだ!」

と決めたことに対して頑固なほど真っ直ぐに進んで行くところ。

意思の強さに驚いたとともに、私自身いろいろと学ぶことの多かった受験でした・・・

 

次女の受験に関しては、たまたま運が良かったのかも知れませんが、どんなに強い気持ちがあっても、うまくいかないことだって世の中たくさんあります。(私もいろいろ失敗を経験してきましたので(;’∀’))

でも、自分の目指す方向に、まずは一生懸命やってみる!

ということが大事なのではないでしょうか。たとえ結果が望まないものでも、全力を尽くしたか否かで、そのあとの自分は違うと思うんです(*^-^*)

 

次女よ、ありがとう。

我が家の転機②

 

ベネッセ 進研ゼミ 高校講座 資料請求プロモーション

ベネッセ 進研ゼミ 高校講座 資料請求プロモーション

 - 日常, 子育て