東海地方を中心に実際に訪れた場所の記録。近いのに知らなかった穴場スポットや癒しスポットなど散策にぴったりな場所をご紹介。

敏感肌/乾燥肌/エイジングケアにおすすめ「b.glen(ビーグレン)」化粧品

当ページのリンクには広告が含まれています。

基礎化粧品は、ずっと「b.glen(ビーグレン)」を愛用しています。

使い始めて今年で約8年くらいになると思います。
もともと敏感肌だし乾燥肌。そんな私の肌に合う基礎化粧品になかなか出合えず、今までいろいろなメーカーのものを使ってきました。40代に入り、エイジングケアも必要だと感じ始めたときに出合った基礎化粧品がビーグレンでした。

初めは、「トライアルセット」を使ったことがきっかけでした。肌に刺激を感じないし、肌の内側から潤っている感じがあり、今までとは違うなと思いました。



それからは基礎化粧品はずっとビーグレン一筋です!

なかでも欠かすことのできないものは、以下の3点!この3点を基本に、あとは肌の状態や悩みに応じて美容液などを追加しています。最低限これだけあれば、の3点であって実際は美容液なども使っています。

ビーグレンの愛用品3点
目次

これだけは外せない3点!

クレイウオッシュ(洗顔料)

落とすもの、残すものを見極めて、なめらかに洗い上げる洗顔料。

クレイウオッシュ

クレイウオッシュの特徴は、肌への負担が少ない泡立たない「吸着洗顔」。一般的な洗顔料のように泡立てる必要はありません。泡立てずに余分な皮脂や角質などの汚れだけを吸着し、肌を傷めずにやさしくスッキリと洗い上げます。柔らかなクリーム状の洗顔料です。

はじめは、本当に泡立てなくて大丈夫なのかな?と半信半疑でしたが、使ってみると使用感がやみつきに!洗い上がりがつっぱらず、しっとりなめらか。余分な汚れだけを落としてくれている感じがします。

注目の成分

モンモリロナイト

天然クレイ。
汚れだけを吸着する力で、余分な皮脂や古い角質などを吸着して落とす。

グリチルリチン酸2K

肌荒れを防ぎ、すこやかな肌を維持する。

スクワラン

保護膜をつくりだし、なめらかに仕上げる。

カモミラエキス

肌荒れを防ぐ。

ヒアルロン酸

肌の水分を保持し、うるおいを保つ。

必要な皮脂やうるおいはしっかり残してなめらかな肌へと導く洗顔料は、デリケートな大人の肌や大人のニキビ肌にも最適です。

泡立てる必要がないというのも、私からしたら嬉しいポイントです♡

QuSomeローション(化粧水)

17時間保湿で、うるおいが止まらないすこやかな肌をつくる高機能化粧水。

QuSome Lotion

QuSome Lotionは、2種の浸透テクノロジー(Charged QuSome とQuSome )を採用し、それぞれが角質内の上部と奥深くへ狙って美容成分を届けることで、角質の1つ1つまでうるおいで満たします。浸透力と保湿力を最大限に向上させ「17時間」の持続型”超”保湿を実現した高機能化粧水です。

注目の成分

エクトイン

極度の乾燥から守り、保湿する。

アミトース3LGA

肌が持つ本来の力をサポートする。

醗酵ローズハチミツ

古い角質をゆるめ、肌のリズムを整える。

VCエチル

肌環境を整え、健康な肌を育む。

アラントイン

皮膚を保護し、肌荒れを防ぐ。

超がつくほど乾燥肌の私ですが、この化粧水に救われています。肌がうるおい、そして持続しているのか乾燥が気にならなくなりました。乾燥肌には化粧水がとても大事だということがよくわかります。肌に刺激を感じることもなく、スッと肌に入って行く感じも好きです。

QuSomeモイスチャーリッチクリーム(クリーム)

そして、化粧水の後に蓋をするという意味でもこのフィニッシングクリームが欠かせません。

QuSomeモイスチャーリッチクリーム

濃厚なのに肌へなめらかになじみ、べたつかない。ハリと弾力のある肌へと導きます。美容業界注目の成分が配合されています。

注目の成分

グルタチオン

年齢肌に素早く浸透。肌に弾力と輝きを与える。

NMN(ニコチンアミドモノヌクレオチド)

老化が進行していく肌環境を整え、すこやかな肌に。

ナイアシンアミド

ビタミンB群の一種。うるおいと透明感を叶える。

アルジルリン

ペプチドの成分で、エイジングサインが出る部分にハリを与える。

ペプチド

角層内深部から押し上げ弾力をアップ。肌密度を高め、キメの細かい素肌を叶える。

このクリームも、使用感が好きです。こっくりした見た目なのにべたべたしなくて、しっとりなめらかな肌になります。翌朝肌がふっくら柔らかくなっている感じも好きです。

以上のb.glen(ビーグレン)製品3点は、私のような敏感肌乾燥肌の人、そしてエイジングケアに本当におすすめなので、一度使ってみてほしいと思います。

b.glen(ビーグレン)公式ホームページはこちら↓

サイエンスコスメ|b.glen
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次