小さな幸せを見つけて~貯蓄0からの再出発~

贅沢しなくても、毎日が幸せと思えるように♪ お得な情報・懸賞・頑張りすぎない節約などでhappyな毎日を目指します。

*

大アサリ

   

8月の終わりに、知人から大アサリを頂きました。

あまりの大きさにビックリ!(゚O゚)

わかりやすいようにボールペンを置いてみました↓↓↓

201608281917

大あさり

201608281918

大アサリ

(ちなみに、大アサリの正式名称はウチムラサキ貝と言うそうです。)

 

大アサリも普通のアサリ同様、砂抜きをした方がいいのかな?と思い、塩水を用意して、大アサリを入れるや否や・・・いきなりものすごい勢いで水を飛ばすので、びっくりして叫んじゃいました、(;o;)

アサリが大きい分、飛ばす水の量も勢いも半端ない!おかげでキッチンが水浸しになりました・・・

すのこをかぶせて一安心(^^;;

しばらく暗い場所に置いておきました。周りに新聞紙を敷いて。

 

実は、今回もそうだったのですが、今までちゃんとしたアサリの砂抜きの方法を知らずに、適当に塩水を作って砂抜きをしていた私。次回からの参考に調べてみました。

アサリの砂抜き(ハマグリも同様)

①平らなパッドに金網などを敷いて底上げする。(←一度吐いた砂を再度吸い込まないようにする為)

②カルキ抜きした水(浄水器の水、もしくは汲み置いて数時間経過した水)で、濃度3%程度の塩水を用意する。(1ℓの水に大匙2の塩)

③①にアサリを重ならないように並べ、②の塩水を注ぐ。塩水の量はアサリが顔を出す程度にし、アサリが完全に塩水に浸らないように注意する(←塩水に完全に浸かった状態だと呼吸ができず死んでしまうので)

④密閉しないように注意して、上に新聞紙などで蓋をする。真夏以外なら室温でなるべく暗い場所に3時間ほど置いておく。※真夏は、冷蔵庫で一晩置いておく。

 

続いて塩抜きをします(スーパーで売られているものは特に必要なし)

アサリの塩抜き(ハマグリも同様)

①砂抜き後、塩水から上げて、約1時間で完了。(2、3日ならこの状態で冷蔵保存可。しばらく調理しないのならジッパーに入れて冷凍保存可だそうです。調理の際は凍ったままでお味噌汁などに。)

※さらに、調理前2時間程度放置しておくと、旨み成分であるコハク酸が増えて、美味しさがUPするそうですよ♪

 

砂抜きと塩抜きが完了したら・・・

真水で殻を擦り合わせるように洗ってから、いざ調理です。

 

今回の大アサリは、シンプルにバター焼きにすることに(・∀・)
でも、大きいのでステーキナイフ?で開いてから(というか、こじ開けてから)フライパンの中へ・・・

201608292024

大アサリ

お酒を少々ふりかけて、蒸し焼きにして、バターを落としました。

201608292036

大アサリ

すごく肉厚で旨みがすごかった・・・♡
旨みがすご過ぎたので、蒸す際にもう少し水を足してスープのようにすれば良かったかも・・・
でも、とても美味しく頂きました。ごちそうさまでした。

 - 食べ物